STORY

── ハンサムすぎる名探偵・明智先生の口癖は、「人生に遅すぎることなどなにもない」 そして「小林くん、キミにはまだ早すぎる」 だけど僕はきっとこの事件を解決してみせる! だって依頼人を助けられるのは、今夜、この僕だけだから─

── 明智先生の留守中に訪れた謎の依頼人と、その依頼人を追う悪人たちとの命がけの闘いに巻き込まれた少年探偵・小林くん。 はたして依頼人の過去に隠された罪深い秘密の目的とは何か? そして絶対に和訳してはいけない怪人トゥエンティフェイスのバレバレの正体とは?

全てが初歩的な謎につつまれた夏の夜の港町に、当たったら死ぬ銃弾の音がこだまする── 行け! 少年探偵小林くん! 頼れる名犬スピード丸を相棒にして!

PAGE TOP